*列席ゲストの方へ*

【2020年度版】結婚式余興必ず盛り上がるすべらないものタイプ別8選!

「余興を頼まれたけど、何をしたらいいのかわからない…」

「大切な友人の結婚式に向けて、盛り上がる余興を考えたい!」

余興を頼まれたら、頼りにされているんだなと嬉しい反面、一体どんな余興をしようと困ってしまう人も多いのでは?

友人だけではなく、親族や会社関係の皆さまの前で披露するとなると、緊張してしまうことはもちろん、失礼があってはいけないと内容を立ち止まって考えてしまうのも当然です!

そして何より、頼まれたからには思いっきり盛り上げたい!新郎新婦に喜んでもらいたい!ゲストから笑いを取りたい!きっとそんな気持ちになりますよね。

でも、普段から人前で何かすることに慣れていればいいですがそんな方はそうも多くありません。「緊張してうまくいかないんじゃないだろうか…」そんな不安に駆られる方もいらっしゃることだと思います。

でも大丈夫!!安心してください。

私は今まで何百組もの余興担当ゲストと打ち合わせをし、当日のサポートもしてきました。

その経験を活かし、今日は結婚式余興のメジャーなものから、素敵だったものをまとめてご紹介いたします!

ちなみに、他の人とかぶりたくない余興がいい!という方にむけて人と被らないけどオススメな余興についても書いてますので是非ご覧ください。

もちろん余興をまとめるだけではなく、各余興の準備物や事前準備に必要なもの、余興を行う上でのコツ、気を付けておかないといけない注意点、タイプに合わせたおすすめの余興や、ちょっとした小ネタなど余興に関することを全てまとめました!これであなたも安心して余興ができるはずです。

今、余興を考えているあなたのお力に少しでもなりますように…!!

 

=Contents=

これさえ押さえておけば安心!なメジャー余興まとめ

1.手間は掛かるけど当日はなにもしなくていい!「映像上映」余興

*映像上映余興のメリット、デメリット

*映像上映余興の注意点

2.あなたの余興で会場を爆笑の渦に…!「漫才」

*漫才余興の心構えとワンポイントアドバイス

3.大人数でやるなら、みんなでレッツ!!「ダンス」余興

*ダンス余興で盛り上がるためのポイントと注意点

4.カラオケや楽器演奏で音楽を余興にしよう!

*音楽を余興にするなら注意しておかなければいけないこと

職業別あるある余興で盛り上がろう!

5.保育士さんに多い「人形劇」

6.消防士さんは鉄板!「ふたりの愛は消えません!」

新婦の涙、間違いなし!感動余興でぐっといい雰囲気に…

7.1ダースのバラの花束に愛をこめて…「ダーズンローズ」

友人から親族まで、ゲストみんなが楽しめる余興で会場を盛り上げよう!

8.愉快な仲間と一緒に踊ろう!「ひげダンス」

 

 

これさえ押さえておけば安心!なメジャー余興まとめ

 

1.手間は掛かるけど当日はなにもしなくていい!「映像上映」余興

<<映像上映余興は、こんな方にオススメ!>>

・事前に準備する時間がとれる方
・結婚式当日はゆっくりしたい方
・緊張しやすい方
・余興で失敗したくない方
・余興メンバー以外にも、いろんな方からのお祝いの言葉を届けたい方
・余興メンバー同士がなかなか集まることができない方

 

映像上映余興のメリット、デメリット

結婚式披露宴余興の王道、映像上映!式当日までの準備は大変だけど、当日はゆったり披露宴を楽しみたい!という方にとってもおすすめ。

また緊張しやすい方にもおすすめです。なぜかというと、映像で余興が完結しているのなら前に出る必要はありませんし、もし出るとしても映像上映前(もしくは後)に一言添えるだけでも十分に素敵な余興になるからです。

前でダンスをしたり、歌ったりするとなるとどうしても緊張してしまいますが、一言話すぐらいなら大丈夫でしょう。余興があるから緊張してせっかくの料理がのどを通らない…なんてつらいですもんね。

あと、他にもメリットはたくさんあります!!余興メンバー以外の呼ばれてない人からのメッセージを集めることができたり、新郎新婦からのメッセージを入れて、サプライズ演出ができたり、色々アイデアによって多様化できるんですよね。また余興で失敗したくない方にもオススメ。

事前に映像を準備しているので、大きな失敗をして披露宴中ずっと凹んでる…なんて事態は避けられると思います。映像ですべった場合は凹むかもしれませんけど(笑)

ただ、デメリットもあります。まずは映像編集などしたことがない方は、慣れない作業で大変。なかなかディスクに焼くのが大変で、苦戦されてる方も

また、きちんとテーマを決めておかないと、せっかくたくさんの方からメッセージをもらったのに、みんな同じように「結婚おめでとう、幸せになってね」しか言わない、同じセリフオンパレードとか。(…これ意外と多いんです)

それはそれで良いんですが、映像に出てくるゲストのことを知らない親戚などが見ていて飽きてしまいます。具体的なエピソードなどもしっかり盛り込んでゲストが飽きない楽しい映像を作ってください。

私自身も緊張しやすく、当日はゆっくり結婚式を楽しみたいので余興をお願いされたときはよく映像を作ります。数年前に西野カナちゃんのトリセツで新婦の取扱説明書兼思い出ムービーを作ったときはとっても喜んでもらえて嬉しかったです^^

 

映像上映余興の注意点

当日そこまで大変ではない映像上映の余興ですが、気を付けておかないといけないポイントも3つあります。それが以下です。

・必ず1週間前くらいまでに、式場で上映確認をしましょう!

・映像で使用するBGMの著作権なども式場に確認しましょう!

・映像が長くなりすぎないように注意しましょう!長くても10分以内!

事前の上映確認は必須です家では映ったのに、会場では映らないなんてほんとによくある!式場にもっていく前におうちでも確認してくださいね。披露宴会場はどんな機械で上映されているのかは企業によって違いますが、家のデッキで映らない(PCしか映らない、等)ということがあれば会場でも映らない可能性が高いです。

会場での確認のタイミングは早ければ早いほうがいいです。ギリギリに確認に行って、映らないなどのトラブルがあればそこから式までの間にやり直しをしなくてはいけないので、早め早めの行動を心がけましょう!最悪、どうしても間に合わない場合は完成していなくても一部ディスクに焼いた状態で映るか確認しましょう。

また、最近とっても厳しくなってきているのが著作権問題。基本的にフリー音源ではない場合、ディスクにムービーを焼きそこにBGMが入っていれば著作権の許諾申請を行わなければいけません。ただし、お金がかかるものも多いですし、なにより認めてもらえない場合も多いです。式場によっては、映像のBGMぐらいならグレーゾーンで許可してくれているところもあればうちのように一切認めないということもありますので、事前に式場側への確認が大切です。

さらに、色んな人からコメントをもらっていたら、当初の予定よりだいぶ長い映像上映になってしまうこともあるかと思います。しかし!長くても10分!だって飽きるもん!!そして何より事前に新郎新婦様から依頼されている時間でおさめましょう。じゃないと進行が押して、いろんな時間を削らなければいけなくなります。注意!!

 

2.あなたの余興で会場を爆笑の渦に…!「漫才」

<<漫才余興は、こんな方にオススメ!>>

・笑いに自信がある方
・学生時代に漫才してました
・あんまり緊張しない方
・2人組で余興しようと考えている方
・ゲストや新郎新婦を大爆笑させたい方

 

漫才余興の心構えとワンポイントアドバイス

漫才は新郎友人がよくやる余興のイメージですね。必要なことは事前のネタ打ち合わせ&練習、あとは当日たくさんのゲストの前で漫才をするための鋼の心臓が必要です(笑)。今まで何組も漫才の余興をされるお客様がいらっしゃいましたが、これだけは言えます。

・練習をきちんとしている方ほど、ウケる!!!

・新郎新婦のネタを漫才にするほうが確実にウケる!!!

私が今まで見た中で一番印象に残っている余興漫才は、新郎と新婦の新婚生活をネタにしているもの。「ただいま」「おかえり」のくだりを何回もやりなおしするよくあるネタでしたが、おふたりの特徴をよくつかんでいて、とっても笑いました。シンプルなもののほうが、みんなにもよく伝わるんだなぁ~と思ったことが記憶に残っています。

衣装などを着替えないのであれば、当日に準備するものもありません。登場曲などは会場で準備してもらえるのかプランナーさんに確認しておきましょう。M-1のあの有名な曲をかけるととっても雰囲気が出ますよ!事前準備としては、台本おこしから練習。結構大変です。でもウケた時は、会場が大盛り上がり!!できれば一部の方だけにウケるものではなく、友人から親族までみんな笑えるネタにしましょう

あと、気を付けていた方がいいのが式場のマイクってあまり収音が広域でないものが多いので、漫才といえばふたりの間にスタンドマイク1本を置くイメージですが、マイクに口を近づけて話さないと声が拾えず、せっかくのネタも何を言ってるのかわからず、残念な感じになってしまうかたもいます。イメージとは異なりますが、一人1本スタンドマイクを立てるのもひとつの方法です。

 

3.大人数でやるなら、みんなでレッツ!!「ダンス」余興

<<ダンス余興は、こんな方にオススメ!>>

・学生時代ダンスをやっていた
・大人数で余興をする
・とにかく盛りあげたい!
・新郎新婦を参加させたい!
・余興する自分たちも楽しみたい!

 

ダンス余興で盛り上がるためのポイントと注意点

ダンスは最近人気の余興です。以前から人気はありましたが、恋ダンスが大流行して以降、ダンス熱が熱い!なんといっても盛り上がる!新郎新婦を巻き込んで、一緒に踊っても楽しいですし、式場に相談して制服を借りてフラッシュモブのような感じで突然ダンスが始まる!というのもオススメ。

ダンスをしながら会場にいるお子様ゲストにお菓子を配ったり、バルーンアートをしたり…ダンスだけでも十分素敵な余興ですが、プラスアルファなにか付け加えてもさらに素敵な余興になること間違いなしです!

ダンスは練習が必要!!フォーメーションや全体の動きも非常に重要になってきます。また衣装をチェンジする場合は、コスチュームを用意する必要があります。その場合、着替える時間は10分もとれないと考えておく方がいいでしょう。たまに、着替えるのに20分30分かかる!なんておっしゃられるゲストの方がいらっしゃいますが、披露宴ってだいたい2時間~2時間半ほど。そんなに不在にするのは、自分も披露宴が楽しめないですし、新郎新婦も自分たちが依頼した余興とはいえ、気を遣ってしまうのでなるべく早く支度をするのがいいでしょう。

当日までに式場に伺い、ダンススペースの確認を行うことが大切です!

ダンスはなんといっても会場のどの場所でどれくらいのスペースがとれるのか事前に確認することが大切です。ただし、あまりに式まで日にちがある段階だと新郎新婦の打ち合わせが進んでおらず、お席の配置やテーブルの数が決まっていない場合がありますので、一度式場に電話をして確認してみましょう。

 

 

↓↓↓ 新郎新婦も踊る?!ファーストダンスについて書きました ↓↓↓

【2019年最新トレンド】結婚式で新郎新婦が踊るファーストダンスが最高にかっこいい!「ファーストダンス」という言葉、みなさん聞いたことはありますか? 実はこれ海外の結婚式ではメジャーなもの。ファーストダンスの名の通...

 

 

4.カラオケや楽器演奏で音楽を余興にしよう!

<<音楽余興は、こんな方にオススメ!>>

・楽器が得意!音楽が好き!そんな方
・歌が上手な方
・音楽やってた方
・一人で余興する方

 

音楽を余興にするなら注意しておかなければいけないこと

楽器演奏や、カラオケもとっても盛り上がる結婚式余興のひとつ。お祝いの気持ちを音楽にのせて伝えるなんて素敵ですよね。本格的にバンドをする場合、楽器やアンプなどが基本持ち込みになり荷物になってしまうのはデメリットかも。また、カラオケやピアノを使用する場合、式場に用意があるのか(カラオケの場合は歌う曲目が配信されているか)、使用料金はかからないのか確認する必要があります。料金がかかる場合は、新郎新婦が支払うのか、余興メンバーが支払うのか、ということも後にトラブルにならないためにも明確に。また、譜面台などは式場用意がある場合も多いので、一度確認してみましょう!

カラオケやピアノは使用料金がかかる場合アリ!しっかり式場に確認を!

 

 

職業別あるある余興で盛り上がろう!

結婚式あるあるですが、やはり職場の方の余興は、仕事が活かされているものが多いなぁという印象です。新郎新婦さんの職場での様子がわかったり、仕事仲間が仲良しなんだなぁ~とわかるので、いつも見ていてほっこりしていました。

なかでもよく見かけるのが下のふたつ。結構鉄板なので、結婚式にご列席経験がある方は見たことある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

5.保育士さんに多い「人形劇」

さすが、保育士の先生。人形劇や紙芝居、とっても上手です。手作りの人形や絵も本当にうらやましくなるぐらい上手。一番よく見るのは、人形劇で新婦様に見立てたお姫様が、新郎様に見立てた王子様のキスで目覚める「眠りの森の美女」パロディ。そのほかにも「白雪姫」パロディなんかもよく見ます。キスするながれは、人形ではなく新郎新婦にムチャぶりすることも多いです(笑)

6.消防士さんは鉄板!「ふたりの愛は消えません!」

消防士さんといえば、これ!マジでこれ!(笑)

式場で火事が!!出動!!(サイレンの音)火の元を探して、ゲストに絡みつつ進んでいく消防隊員。高砂で、火の元を発見!消えない!これはきっと新郎新婦がキスをしないと消えないんだ!(もっていきかた無理やり!笑)新郎新婦キス。

「ダメです、隊長!!愛の炎は消えません!!」(どーん!)

鉄板です。でも何度見ても面白いし、ゲストもすっごく盛り上がります。

 

新婦の涙、間違いなし!感動余興でぐっといい雰囲気に…

クライマックスシーンにオススメの余興ですね。感動系です。新郎の協力も必要な余興。みんなで協力して新婦を感動させちゃいましょう!

 

7.1ダースのバラの花束に愛をこめて…「ダーズンローズ」

ダーズンローズという言葉をご存知ですか?1ダースのバラ。12本のバラということです。12本のバラには1本ずつ以下のような意味があります。

感謝、誠実、幸福、希望、信頼、情熱、愛情、真実、尊敬、努力、栄光、永遠

バラに結婚生活に必要なメッセージが込められているというわけです。

新郎様の協力があるのであれば、新婦様へのサプライズとして余興を行うのはいかがでしょう。新郎様が扉からかっこよく入場し、ゲストが持っているバラを一本ずつ集め、そのバラを新婦へ花束にしてプレゼントするというもの。余興メンバーがサポートに入り、ゲストに花を配ったり、花束にするときにお手伝いをしたりと、どちらかというと目立つのは新郎様だけで余興メンバーは陰から支える形になります。もし、もっと前で余興を行いたいのであれば余興メンバーで1本ずつバラを持ち、新郎新婦に贈るというパターンも素敵ですよ。

集め方や、プレゼントの仕方などそれぞれのオリジナルを出してみてくださいね。

 

 

友人から親族まで、ゲストみんなが楽しめる余興で会場を盛り上げよう!

 

8.愉快な仲間と一緒に踊ろう!「ひげダンス」

みなさんご存知のあの音楽!ドリフターズのひげだんすです。曲に合わせてダンスをしながら、輪投げをしたり、テーブルクロス引きをしたり、果物を投げて、相手が棒で刺してキャッチャしたり、、、とおなじみの余興です。定番といえば定番ですが、これが案外盛り上がります。老若男女、みんなが盛り上がる余興としてはオススメ!全員おそろいの衣装でつけひげをつけて、レッツひげダンス★

ダンスと同様、式場に伺いスペースの確認を行いましょう。また、果物などを使用する場合は持ち込み可能かどうかも併せて式場へ確認することをオススメします!

 

 

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

余興の内容が決まれば、まず式場に相談することをオススメします!会場の大きさや、マイクの本数、入場口など実際に足を運び、確認することも大切です!

皆様の余興が大成功することを、祈っております!