*結婚式を迎える方へ*

新郎謝辞詳しく解説!色々な挨拶パターン紹介&注意点まとめ

新郎さまのご挨拶といえば、披露宴が始まる時に行うウェルカムスピーチ
もしくは、披露宴を締めくくる時に行う新郎挨拶(以下、新郎謝辞で統一します)のどちらかではないでしょうか。本日は披露宴の締めくくりである新郎謝辞について詳しく解説していきたいと思います。

そもそも新郎謝辞とは、披露宴のクライマックスで行う新郎様の締めの挨拶のこと。流れとしてはこんな感じ。

新婦から両親にあてた手紙の朗読→記念品贈呈→両家代表謝辞→新郎謝辞→退場

本当に披露宴のラストのタイミングで行います。来てくださった方、お祝いしてくださった方への感謝、これからの決意や思いをしっかり伝えなければいけません。

いくら自分の結婚式だとはいっても、いざ挨拶をすると考えると、何を言ったらいいのか悩むし緊張しますよね。人前が得意なんて人は多くはないので、当然です。しかも特別な一日の締めくくりの言葉だと考えたら、頭を抱えてしまう人も。

また逆にこんな人も。

新郎さん
新郎さん
いやいや、僕はなんにも考えないでその時の気持ちでいきます!
ちえ
ちえ
止めておいた方が…
新郎さん
新郎さん
え、ダメ?結構話せるほうだと思うけど

 

何も考えずにあいさつに臨むことは正直いってオススメしません!忘年会や送別会の挨拶じゃないんです!結婚式なんです!しかもその場をおさめる最後の挨拶!結婚式の挨拶で失敗してしまうとゲストの記憶にも残ってしまいますし、結婚式に列席しているのは友人だけではありません。上司や自分の親、相手の親族だって見ています。

言いたいことが言えなかった、詰まってしまった、途中から何を言ってるのかわからなくなった、言葉が出てこず沈黙が続いた…なんてことになると目も当てられません。

「あ~ちゃんと用意しておけばよかった~」と後々後悔することになるのは絶対に避けるべき!!本来であれば一度文章に起こして暗記するのがベター。それがどうしても嫌なら、ある程度自分がしゃべる内容をまとめるくらいはしておきましょう。

そこで今日は、新郎様が挨拶をされるうえでおそらくとっても気にされている

  • どんな内容でみんな喋ってるの?
  • カンペの紙は持って読んでいいの?
  • みんなどんな風に挨拶をしてるんだろう
  • 人とは違うことを言いたいけど、どうすればいい?

というところにフォーカスして、お悩みをまるまるっと解決いたします。例文も載せていますので是非参考にしてください。また、新郎謝辞の時の陥りやすい注意点もまとめています!

 

 

 

 

1.新郎謝辞色々なパターン紹介

teresabreaux / Pixabay

 

 

みんなどんな感じで挨拶しているのか知りたいと思っている新郎様も多いのではないでしょうか。そこでここでは今まで見た色々なパターンを紹介。

まずは<王道パターン>きちんと真面目に挨拶をしたい方へ

本日は、私たちの結婚披露宴にお越しいただきありがとうございました。

皆様からの心のこもった励まし(余興)やお祝いの言葉をいただき、感謝の思いでいっぱいです。

(略)※ここに自分らしさをプラスしてみよう!

未熟なふたりですが力を合わせ笑顔あふれる幸せな家庭を築いていきます。これからも変わらず、ご指導ご鞭撻のほど、お願い申し上げます。

最後になりましたが、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げ、私たちの挨拶とさせていただきます。

本日は本当にありがとうございました。

こんな感じ。

固い挨拶にはみえますが、もし固いままだけなのもちょっと…という方には、たとえば最後の一文の「ありがとうございました」だけ、マイクを外して大きな声で叫ぶのも気持ちが伝わってとっても良かったです。

そして、略)の部分にアレンジを加えるともっと特別な言葉にかわります。

 

たとえば今の気持ちを述べたり、

この日を迎えるまで緊張や不安がありましたが、今日改めて私たちはここにいる多くの皆さんに見守り、支えられていることを感じることができました。

 

また、新婦は親にあてた手紙を読む時間がありますが、新郎はない場合も多いので謝辞の場面で自分の親にむけて、少し言葉を加えてはいかがでしょう?

…オトン、オカン、今まで大事に育ててくれてありがとう。

(親に向けては自分の言葉でしゃべるほうが気持ちが伝わりますよ)

 

もしくは新婦様の親御様にむけて、一言添えたら、なんて気遣いができる男!(笑)

○○さんのお義父さん、お義母さん。ふたりに代わってこれからは僕が○○さんを大切に守っていきます。

前も言ったけど、○○さんをこんなに優しい人に育ててくださって~といのは、個人的に好きではないのでオススメしておりません(笑)あーたのために育てたわけじゃなくってよって声聞こえてくるでしょ。え?来ない?私だけ?(笑)

 

また、余興やスピーチメンバーに一人ずつお礼を言いながら挨拶する方もいらっしゃいました。

○○、スピーチありがとう。○○余興嬉しかった。

でもこれ時間はかかります。あと、もちろん余興もスピーチもしていないお客様が多数なので、その方面にもお礼の言葉がきちんと述べられると尚いいですね。

 

 

2.新郎謝辞はカンペを持ちながら話してもいいのか?

スピーチや謝辞でのカンペ問題はこちらでもお話しておりますので、是非ご覧ください。

友人代表のスピーチ、カンペは用意していい?あり?なし?友人代表のスピーチを頼まれたあなた。しっかり話す内容を考えることはできても、当日多くのゲストの前で話すのは、なかなか慣れていないと難しい...

できれば、紙を持たずにやりたいところではありますが、最後を締めくくる挨拶ですので、真っ白になって言いたいことを忘れてしまうぐらいなら、しっかりカンペを作って読む方がいいでしょう。ただただ読むだけではなく、ゲストの方にも目線を向けながらゆっくり読むといいでしょう。

最近ではカンペとわざとおっきく書いて、堂々と読む方もいらっしゃいます。いさぎよくて私は好きです。和やかな雰囲気になりますので、真面目にビシッと挨拶するより笑いを挟みたいなという方にはオススメのやり方です。

 

 

3.謝辞をするにあたって気を付けておくポイント

結婚式をたくさん見てきましたが、新郎様が謝辞で失敗するのはこの2つのパターンがほとんどです。当日気を付けてくださいね!

①酔っぱらわないこと

これにつきます。(笑)

緊張して飲んでしまったり、また自身では気をつけていてもゲストは主役にどんどんお酒をついでこられますので、酔わないというのもなかなか難しいとは思います。ですが!私は今まで、酔っぱらって挨拶が全くうまくいかない新郎様を今まで多く見てきました。みなさんとっても落ち込んでらっしゃいましたので、是非そこは注意していただきたいです。水を飲んだり、こっそりお酒が捨てられるバケツなどの用意もありますので、なんとかひどく酔っぱらっていない状態をキープして挨拶をしましょう。

 

②原稿がある場合はスタッフへ事前に伝達を!

原稿を用意している場合は事前に必ずウェディングプランナーさんや、支度をしてくれる美容師さんへ伝えておきましょう。というのも、新郎謝辞は披露宴のクライマックス。新郎様もお色直しをされる場合は2着目のタキシード(もしくは和装)をお召しになった状態で挨拶をされるはず。きちんと伝えておいて原稿を渡しておかないと、ポケットにいれてもらえませんし、自分で原稿をポケットにいれるつもりでも、お色直しはいろいろとバタバタするのですっかり入れ忘れてしまうことも!挨拶をするときになって原稿が胸ポケットにない!と焦って頭も真っ白…なんてことにならないようにしましょう。

それにちゃんとポケットにいれていたのに、クライマックス前メインテーブルで見直しをしていて、そのまま置き忘れてしまった新郎さまもいらっしゃいました。いざクライマックスのシーンで席を立つ際には、しっかりポケットに原稿があるか確認することが大切です。