*結婚式を迎える方へ*

【2020年度版】結婚式の招待状を手作りする際の注意点まとめ

結婚式場が決まれば、まず取り掛かることとして挙げられるのは招待状の作成ですよね。誰を呼ぶのかピックアップしたうえで、声をかけて、招待状のデザインを決めて、住所を間違いなく書いて、発送して…と意外と最初の準備なのに手がかかって大変なのが実は招待状。しかも、ここで失礼があってはいけないのでとっても気を遣うアイテムでもあります。

そして招待状を出すにあたって出てくる最初のお悩みは、式場で注文するのか、手作りするのかという問題。

式場で注文するメリットとしては、

・手間がかからない!

・プランナーさんがチェックしてくれるので安心

手作りするメリットとしては、

・費用が抑えられる!

・自由にデザインできる

・式場より安くてかわいいデザインがある

最近では安くてかわいい招待状を選べるサイトもあり、式場で購入される方が多い印象です。

プランナーさんは式場での手配をすすめてこられると思うんですが、それってなぜだかわかりますか?売り上げがあがるということはもちろんなのですが、なにより招待状って手作りすると失敗しちゃうことが本当に多い!!一からチェックしないといけないのでプランナーさんも大変なんです。なので、式場での手配だと間違いがないのでオススメしているという面もあります。

それだけ手作りだと大変な招待状の作成ですが、なにがそんなに大変なのかというと、

決まりや禁止事項、ルールがたくさんあるからなんです。

結婚式ってやはり礼儀や縁起をとっても大切にするイベント。特に最初の一歩である招待状は、招待するゲストに失礼がないようにしたいですよね。

なので今回は、みなさんが式場に頼まず手作りをされるときに気をつけていただきたいポイントを詳しくまとめて紹介します!

 

 

1.招待状のデザインや文面での注意点

招待状って本当にいろんな種類がありますよね。最近では可愛いのにとってもお安いデザインのものも作られています。もちろん自作して、自分たちのロゴや似顔絵を招待状にいれるのも素敵ですね。

 

↓↓↓結婚式準備にはココナラが便利!↓↓↓

結婚式準備にはココナラが便利!【2019年度版】似顔絵やムービーなど魅力的なスキルを注文しよう皆様、「ココナラ」というサービスをご存知ですか? 最近漫才コンビの和牛のふたりがCMをしているので、なんとなく知っている方も多いか...

 

ただ、招待状を作るうえで絶対に気を付けておかなければいけないことがあります!下記にまとめていますので、是非ご覧ください。

 

①両親の名前で出す?新郎新婦の名前で出す?

招待状は両親の名前で親御様目線で出すパターンと、新郎新婦の名前で出すパターンがあります。昔は両親の名前でだすことがほとんどでしたが、今は新郎新婦の名前で出す方が多くなっているような印象です。

なのでこの記事を読んでくださっている新郎新婦様も自分たちの名前で出そうと考えている新郎新婦様も多いのでは?

 

ちえ
ちえ
でもちょっと待って!それって親御様にも報告していますか?
新婦さん
新婦さん
え、報告なんているの?

 

親御様世代の方は、親の名前で招待状を出すのが通常だったので、勝手に自分たちの名前で出してしまうと驚かれたり、場合によっては怒られてしまうかも。また、結婚式費用を親御様に出してもらう場合は、親御様のお気持ちも考えて一度相談することを強くオススメします。

招待状は結婚式準備のはじめの一歩。そこで親御様と揉めたりすると後々響いてきますし、結婚式準備が一気に嫌になってしまうこともありますので、慎重に進めていきましょう。

 

②忌み言葉に注意。句読点は禁止!

忌み言葉。聞いたことありますか?結婚式では避けるべき言葉です。

忌み言葉についてはこちらでもまとめていますので、是非ご覧ください!

結婚式で使っちゃいけない忌み言葉!気をつけるポイントまとめ「スピーチを頼まれたけど、使っちゃいけない言葉ってどんなのだろう?」 「私のスピーチ、縁起が悪い言葉が入ってないか心配!」 「知らな...

招待状でよく使われがちな忌み言葉を紹介します。招待状の忌み言葉は、書く時に気を付けないといけないもの。ついつい使ってしまうのはこのふたつ。

お忙しい中の「忙」の文字

漢字?!と思われた方。その通り。招待状で気を付けないといけないのは、話し言葉じゃなくて書くときに気をつけないといけない忌み言葉なんです。

「忙」の漢字の中の「亡」という文字が忌み言葉にあたります。こころなくすで忙しいですしね。意味もよくありません。でもお忙しい中、と使いたくなっちゃいますよね。そんな時は、言葉を書き換えましょう!

お忙しい ⇒ ご多用中

これで大丈夫!ちょっと言い回しを変えるだけですが、これで忌み言葉を回避することができます。

句読点は幸せを区切る言葉?!

次に使ってしまいがちなのは、句読点です。句読点がなぜだめなのかわかりますか?

「、」や「。」は文章の区切りを表すもの。

結婚やお祝い事は区切ってしまってはいけません。ついつい文章を書く際には使いがちですが、招待状の文面の中には句読点は使わないようにしましょう。

以外と知らない招待状で気を付ける忌み言葉、あなたの招待状は大丈夫ですか?

 

③ちょっと待って!そのデザイン、大丈夫?

キャラクターの可愛いデザインも豊富な種類がある招待状。

ただ、あなたが選んだその招待状は上司や親せきにも送れるものですか?

もちろんひとまとめにキャラクターものといっても、デザインの色味を抑えていたりさりげなくキャラクターのイラストは入っているものであれば問題ありませんが、自作で作られているとついついどーんとキャラクターが入った派手なものを作ってしまう方もいらっしゃいます。

趣味で可愛いキャラクターや面白いもキャラクターものにしていると、友人は喜んでくれるかもしれませんが、新郎様の上司の方はびっくりしてしまうかもしれません。

どうしてもキャラクターのものを使いたい場合は、ご上司や親せきには別のデザインの招待状を送ることもひとつの手です。

 

④時候の挨拶は招待状が届く時期のものを選ぶ

時候の挨拶というのは、丁寧な手紙を出すときに文章の冒頭にいれる季節の挨拶のこと。インターネットで調べればその季節ごとの挨拶が出てきますので、時期によって選んでいいただければいいのですが、ここで問題!!

招待状の時候の挨拶はどの時期のものを選ぶのが正しいでしょうか?

①結婚式の日にちに合わせた時候の挨拶

②招待状が届く頃に合わせた時候の挨拶

③招待状の返信の締め切りに合わせた時候の挨拶

さあ、どれでしょう??

 

 

 

 

正解は…②の招待状が届く頃に合わせた時候の挨拶です。

これ意外と間違えて、結婚式の日にちに合わせたものを選んじゃう新郎新婦が多いんですよね。注意です!

 

 

2.あて名書きをするときの注意点

いざあて名書きをする際に、ボールペンやサインペンを使っていませんか?墨を擦るまでしなくてもいいですが、きちんと毛筆で書きましょう。あて名書きはとっても大変な作業。漢字の間違いや住所等の間違いに気を付けてあて名書きを行いましょう。漢字は外字に注意です。(髙、邊、廣etc…)

私個人としては、手作りをされるにしてもあて名書きは筆耕のプロにお願いすることをお勧めします。というのも、招待状を作成する作業で一番骨を折るのはあて名書き。リスクも高いうえに、よっぽど字に自信がない限りお勧めしません。また、手書きにこだわらないならあて名書きもPCで作成し、封筒に印刷するのもいいでしょう。

また手渡しの際には住所はいりません!お名前のみで大丈夫ですが、肩書を添えてもいいです。私の勤めていた式場では案内していませんでしたが、手渡しの場合で目上の方の場合、肩書があれば添えてお書きするよう案内している結婚式場もあります。

 <<ご家族を呼ぶときのあて名書きは?>>

親戚や家族絡みで仲がいい友人など、お子様がいると何名か一緒にあて名を書く場合があります。5名までだったらあて名を皆さん分書きましょう。ただ、5名を超える場合は、封筒のスペースにも限りがありますので、一番代表の方のお名前の下にご家族様と書いておきましょう!

 

 

3.招待状を出す時の注意点

招待状ができあがって一安心!…は、まだ早い!なぜなら、出すところまでが大切だからです!完璧な招待状を仕上げていても、最後に失敗しないように気を付けることがあります!しっかり注意して、招待状を大切なゲストの方へ出してくださいね。

 

①ポストにいれない

招待状をポストに投函しようとしていませんか?

…ちょっと待って!絶対にポストに投函してはいけません!!なぜなら、ポストに投函すると、雨でぬれたり、汚れたり、折れてしまう可能性もゼロではないからです。招待状はゲストをお招きする非常に大切なお手紙です。汚れたり折れたりしないように細心の注意を払いましょう。

また、次にあげる理由からも、招待状は必ずポストに投函するのではなく郵便局へ直接出しに行きましょう。

 

 

②しっかり重さをはかって出す

招待状の中には、本状と呼ばれる招待文が載ったお手紙や、返信用ハガキ、結婚式場への地図等を入れてだします。82円とは限りません。特に自作されている場合は、大きさ自体が定形外になる可能性も。

重さをはからず出してしまって、料金不足で…なんてことになってしまうと、返送されてきて、時期がずれてしまい時候の挨拶を変えなければならず作り直しになったり、最悪の場合受取人様に料金が請求されたりと、非常に恐ろしいことに!お招きするゲストに不足分を出してもらうなんて失礼極まりません。そうならないように必ず郵便局で重さをはかってもらって出しましょう。

切手を郵便局で全部貼るなんて大変!という方は、1枚はかってもらって切手を購入し、お家で貼って再度郵便局から出すのがオススメです。

 

 

③慶事用切手を貼る

招待状に貼る切手は、普通の切手ではなく慶事用切手を使いましょう。郵便局で売っています。

62円切手…「扇」に「梅」模様
82円切手…「扇」に「竹」模様
92円切手…「扇」に「松」模様

ただちょっとデザインが渋めなものも多いので、もっと可愛くしたい!という方は、ハッピーグリーティング切手を利用してもいいかも。可愛いデザインが豊富です。

もっとこだわりたい花嫁は、料金別納郵便を利用する方法も!自分達でExcelなどで作ったものやスタンプなどで(※サイズ等規定があります)切手を貼る部分につけ、可愛く仕上げている先輩花嫁もいます。新郎新婦の似顔絵や、写真、ロゴなど工夫されていてとってもかわいいですし、ゲストを驚かせることができますよね。もし余裕がある方は是非チャレンジしてみてください!こちらは、同じ重さのものを10枚以上出す場合きまりがありますので、注意してくださいね!

手渡しの場合切手は不要ですが、何も貼らないのも寂しいので、最近では特急手渡し便といって、切手部分に自作で作ったり、スタンプを押してゲストに手渡しする方も!本当に花嫁さんたちのこだわりには頭が下がります。

ただし、ハッピーグリーティング切手や料金別納郵便、特急手渡し便等は送る相手によっては控えた方が良い場合もあります。お相手との間柄や、立場等を考えたうえで選択することが重要です!

 

いかがでしたでしょうか?今回は招待状を手作りする際の注意点をご紹介しました。みなさんの結婚式準備の初めの一歩である招待状。注意点がたくさんあって大変だと思いますが、結婚式の招待状が届くとゲストは本当に嬉しいもの。是非がんばって取り組んでみてくださいね。